ホットストーンセラピーについて

amolirは、一般社団法人ホットストーンセラピー協会加盟セラピストです。

ホットストーンセラピーとは?

日本でも話題の温活ケアとして注目されているホットストーン。元々はアメリカで発祥し、セレブの間で流行したことで世界中に広まったとされています。

現在では日本でも広まってきていますがまだまだホテルの高級スパで行うイメージがあるホットストーン。ここ千葉県ではまだまだ受けれるサロンは少ないようです。

約45℃に温められたホットストーンは、火山活動によってできた玄武岩で、アロマオイルにのせて滑らせたり、ツボに置き石したりしていきます。遠赤外線効果があるため、体の深部まで温め、ハンドマッサージのみでは得ることのできない深いトリートメント効果をもたらします。また、身体中の血液や体液の流れが活発になり、新陳代謝が促進されます。

ストーンには、肉体と精神のバランスを整える効果があるとされています。自然環境の下で形成されたストーンは、大地のエネルギーを蓄え、ストレスなどの精神的なマイナスエネルギーを、プラスエネルギーに変える働きがあるとされています。筋肉の緊張を緩め、身体の内面からゆっくりとリラックスすることができる究極のセラピーとして世界中で知られています。


ホットストーンはこんな方へおススメ!

・冷え性・肩こり・腰痛・便秘・むくみ・ストレス・不眠・ダイエット・だるさ等でお悩みの方にはとくにおススメです。

体中の血液や体液の流れが活発になり、新陳代謝が促進するホットストーン。この新陳代謝促進効果は、ハンドのみのマッサージより3倍から5倍とも言われています。また、身体への効果も即効性があるのも魅力のひとつ!繰り返しのトリートメントで、新陳代謝の促進、免疫力、自然治癒力UPの効果が期待できるため、体質改善されたい方にぜひ受けていただきたいケアです。